映画ネタ帳

ここでは、僕が愛する映画へのこだわりについて書きます。

第一回は、いきなりドメジャータイトル、

「ルパン三世 カリオストロの城」!

僕が、映画には終わりがある、という事にせつなさを感じた初めての映画であります。 この有名タイトルにも僕なりのこだわりがあり、実は、僕が本当に好きな「カリオストロの城」はもはやDVDでもブルーレイでもテレビでも映画館でも観る事ができない「幻の作品」なのです!

僕がアニメファンになった時には「カリ城」(当時そう言われてた)は公開済みで、既にアニメ史に残る傑作としてマニアには認知されていて、雑誌アニメージュのアニメグランプリでは、「ナウシカ」登場まで歴代1位の座が定位置となっておりました。

僕もその様な作品としてかなり期待値を高くして観たのですが、皆さんご存知のように無類の面白さ! オープニングからエンディングまで全く隙のない展開で画面に釘付けになり、ついには上述したような「せつなさ」まで感じる程映画にのめり込んだのです。

歴史的傑作なのですから面白いのは当然なのですが、僕がここまでのめり込んだのは、初見の鑑賞方法にも理由があったかもしれません。それは、

テレビで放送された、カット版だったから! です。

私が「カリ城」を初めてみた時はまだレンタルビデオはなく、田舎ですから名画座もなく、公開済みの映画はテレビ放送を待つしかなかったのです。

「カリ城」も日テレの「金曜ロードショー」(あるいは水曜?)で観たのですが、今でこそジブリ作品はノーカット放送が当たり前となっていますが当時はそこまで宮崎ブランドが確立してなかったので、「カリ城」も他の映画と同様に放送枠に納めるため内容をカットされて放送されました。

それが良かったのです!

後に僕はビデオや劇場で完全版を観るのですが、どうも自分の記憶にある「カリ城」に比べると、やけに間延びした印象を受ける。 不必要なシーンが多いように感じるのです。

完全版に存在してカット版で削除されたシーンとしては「ルパンが湖を眺めながら物思いにふける」というシーンがあります。中年ルパンのダンディズムを表現したシーンと考えられますが、やけに長いこの無言のセンチメンタルなシーンは、意味が曖昧で、これまでの流れを止めてしまっているように感じるのです。

他に削除されたシーンには「結婚式に来た大司教に老人が子やぎの名付け親になってくれと頼む」というシーンがあります。後の展開の伏線となるシーンなのですが、老人の正体は声でバレバレなので、ルパン登場の際の驚きが半減してしまうように感じました。

という感じで、全く興奮が途切れる事がないカット版に比べると、元々あったシーンが気になる。無駄なシーンに感じる。 映画館では興行的に失敗したと言われる本作ですが、完全版を観ると正直「そういう事もあるかもな…」と思わせてしまうのです。「カリ城」はテレビ放送の際にカットされたことにより流れがスッキリし、よどみなく、よりパーフェクトなジェットコースター・ムービーになったように思うのです!

実はこのカット版は宮崎監督ご本人が再編集されたものだと、ものの本で知りました。だからカットされたという事に気付かない程自然に観れたのでしょう。監督もより大衆向けにエンターテイメントに徹して編集したのではないかと想像してしまいます。度々放送されたこのカット版「カリ城」が後のジブリ人気の底流を作っていたのかもしれません。

このように僕はカット版「カリオストロの城」こそ最高傑作だと思っておるのですが、現在は「カリ城」もテレビ放送の際にはノーカットの完全版になってしまい、当時のビデオを録画していなければ鑑賞できないという、幻の作品となってしまいました。中学生の時、何度も観たVHSの録画ビデオも今はありません。。。

いや、完全版であっても最高に面白い作品である事は間違いないのですがね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中