自作コメンタリー

ここでは、過去に自分が描いた作品を紹介したいと思います。

第1回は、個人的に一番気に入っている作品集、

「ぷるるんワンダーランド」 (日本文芸社刊)です!

僕は元々ギャグ指向が強くて、しかも超くだらない、全く無意味なギャグ漫画を描きたいと思っていました。 意外と今はギャグ漫画でも、善悪、損得、美醜等の作者の価値感や批評精神が見え隠れして、完全に意味ゼロの作品は少ないように思います。そんなただバカバカしいだけの何の得にもならない漫画を今の読者はたぶん求めてないのですが、僕は好きなのです!昔コロコロでやってた「金メダルマン」とか、プレイコミックでやってた「トニーにおまかせ」みたいなヤツ!!

そんな僕の嗜好を理解していただいている漫画ゴラクの編集長様が、新雑誌の(といっても今はなき)「コミックブレイク」に描かせてくれたショートギャグ漫画の連作が、毎回巨乳が出てくる他は自由な内容の「ぷるるん」シリーズで、それに以前少年画報社ヤングコミックと集英社スーパージャンプで描いていた同傾向の作品を加えて単行本化した際につけたタイトルが「ぷるるんワンダーランド」なのです。

本番シーンはNGでしたが、思いっきりくだらない物を描かせてもらえるので、ネーム作りが毎回苦しみつつも非常に楽しかったですね。

編集部でも毎回ネームを楽しみにしてくれていたようで、特に、苦し紛れにつけた「ぷるるん芸術の秋」というタイトルには爆笑だった、と担当さんが言ってました。

シリーズの中で僕が気に入っているのが、「ぷるるん心霊現象」と「ぷるるん芸術の秋」です。 これは漫画史に残るほど超絶にくだらねぇ…と自分の中では大満足の出来でした(しかしこんなので満足するなんて、ほんとにしょうもない漫画家ですね…僕は…)。

「心霊現象」で、僕は「リング」「回路」といったジャパニーズホラーも好きだったので、マンガで小中理論やったるぜ、とは思ってませんが、ホラー+巨乳の組み合わせは僕しか描けないだろうと、勝手に喜んで描いてました。

「芸術の秋」は、エロマンガの中で僕も使いまくっている「プルンッ」というオッパイ用の擬音がもし実際録音できたら、と風呂の中で思いついた時、思わず「く、くだらねぇ〜」と幸せな感情に包まれました。 アシスタントのいつも遅刻するTさんが無意味に素晴らしい楽器の絵を描いてくれたのもよかったですw

ほとんど自己満足的作品集でしたが、驚くべきことにこの漫画、その年の本屋さんが選ぶマンガ大賞の最初のノミネート100本の中に入っていたのです! これを理解してくれる人がいるのだ、と本当にうれしかったですね。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中