映画「パシフィック・リム」観ました

巨大ロボットと怪獣が戦うという、「マジンガーZ」と「ゴジラ」で育った世代としては、ワクワクするしかない映画、それが「パシフィック・リム」。 予告を観た段階でもう興奮度MAXで、何度もyoutubeで繰り返し観て、公開を待ちわびてました。

そして公開初日、IMAX3Dの吹替版、さらに映像に合わせてシートが振動するというウィンブルシートを使用して完璧な態勢で鑑賞(もちろん座席の位置は、真ん中より前!)したのですが、もう、あまりのド迫力に終映時にはヘトヘトになってしまいましたw

映画としては、期待値があまりにも高過ぎたためか、予告での興奮を上回るシーンは少なかったですね。

以下、ネタバレ注意。

ストーリーにあまり新鮮味がなく、最後のオチは予想通り「スターウォーズ」のパターンだったのが残念でした。

また画面が暗く、動きが速いため、戦闘において何が起こっているのか分かりにくい所も気になりました。

登場する怪獣も、動きが同じなので、個性に乏しく、やはり怪獣のデザインに関しては日本の方に一日の長があるなあ、と思わずにはいられませんでした。

監督が「ヘルボーイ」の人だったので登場人物のキャラ立ても期待したのですが、人物描写も新鮮味はなかったですね。

文句ばかり書いてきましたが、それでも燃えるシーンもあって、翼をもった怪獣に大気圏外まで飛ばされて絶対絶命のピンチの時、コックピットのゲージに「剣」(!)のマークが現れた時は思わず「キタ〜〜〜〜〜〜!!」ですよ!!

ですから、それなりに楽しく観れたのですが、既に世界は平成ガメラ3部作とスピルバーグの「宇宙戦争」という怪獣映画の大傑作を得ているので(単に僕の中でベストワンというだけですが。厳密には「宇宙戦争」に出てくるのは怪獣ではありませんが、撮り方が明らかに怪獣だったため)、それには及ばなかったというだけです。我々の世代にとっては、幼児期の夢を具現化してくれたという映画を超えた体験だったことは、疑う余地のないことです!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中