マンモス狩り

「紀元前1万年のオタ」第3話では、マンモス狩りの方法として落とし穴を使いましたが、実際、3万年程前に掘られたと思われる落とし穴群が、1988年静岡県の初音ヶ原遺跡で発見されています。

幅1.5メートル深さ1.5メートルの穴が、100X170メートルの範囲に60基ほど発見されたようで、この穴にナウマンゾウやシカ、イノシシ等を落として狩っていたようです。

マンモスは…
本州ではマンモスの骨は発見されていないようなのでわかりませんが、もしいたら使われていたでしょう。

しかしスコップもない時代なので、かなりの大事業だった事は間違いないです。

漫画ではマンモスが丸々一頭入る巨大な穴を描きましたが、あんなの人間の手だけで作れるのか!?
しかも、移動するマンモスが滞在している短時間で!?

おそらくあの穴は、たまたまあの場所に隕石が落下してできた穴で、それを利用したものだと思います!

マンモスの解体シーンも描こうと思いましたが、グロそうなのでやめました!
だってエロ漫画だもん!

マンモス

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中