「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」

また見てしまった「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」!

これは何度見ても面白い。
シリーズの中でも一番面白いし、アメコミ映画の中でもトップクラスで出来がいい。

監督のマシュー・ボーンの粋でしかも熱い、緩急自在の演出がハマる要因だが、
演技派揃いの役者陣のアンサンブルがたまらない!
一番のお気に入りはプロフェッサーXをカッコ良く演じるジェームズ・マカヴォイだが、
コメディっぽく軽く演じたかと思えば、感情溢れる表情もみせるマグニートー役のマイケル・ファスベンダー もいいし、
それにミスティーク役のジェニファー・ローレンス !
基地を襲撃された際にみせる恐怖演技は、一人だけあまりにもリアル過ぎて他のメンバーから浮いてしまうほど!
彼らの演技合戦をうっとり眺めているだけでどんどん時間が過ぎる。
緊迫したドラマもあるし、エマ・フロストというエロ要素も十分だし、ついつい夢中になってみてしまう、僕の中では傑作の一本です。

これに比べると続編の「フューチャー&パスト」はガッカリだったな〜

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中